個別支援 支援条件の緩和について

2021年10月1日(金)の緊急事態宣言の解除を受けて、2021年10月11日(月)より、適応指導などの支援の条件を緩和致しますので、ご連絡いたします。
ただし、新型コロナウイルスの流行が完全に終息していない現状から、感染防止措置を継続しつつ、個別支援を実施してまいります。趣旨ご理解の上、ご気軽にご連絡いただければ幸いです。

 



  • 個別支援の条件

  • 1・利用時間 午前10時~午後5時までとします。 。

    2・完全予約制となります。利用を希望される場合はご予約下さい。

    通室可能な日数:週1日~週5日 となります。
    (ご希望によって週の日数は選んでいただけますが、予約制にて1日4~5時間程度とします。)
    ※)先着順に予約を受けます。ご希望の日時に予約を受けられない場合もございます。何卒、ご了承ください 。
    ※)お昼の準備はいたしません。お昼時間に在室する場合は、ご用意ください。

  • 3・外気温に関わらず、頻繁に窓を開け換気を行います。
    衣服の着脱が可能な服装で来舎させてください。

  • 4・来舎時にお子さんの検温をいたします。体温が37.5度以上ある場合や、その体温でなくても、風邪の症状のある場合は帰宅させます。

    5・お子さんには入室時、退室時および活動開始前後の20秒以上、消毒液や石鹸による手洗いを励行します。また、活動開始前後にはスタッフは使用遊具等をアルコールで消毒をします。


    予約連絡先:042-207-6885にお電話にてご予約下さい。


    学年別の来舎の条件

    1.来舎させるかどうかは、保護者のご判断を最優先にお願いします。

    発熱していなくても、風邪の症状がある場合は来舎を控えるようにしてください。
    公共交通機関に遅延などが発生し、混雑が予想される場合と、通学の学校や学区域の学校で学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖などの出校停止措置が取られている場合は、来舎は控えるように勧めてください。
    迷われる場合は、お電話にてご相談ください。

    2.小学生の条件

    ① 小金井市、小平市、国分寺市に在住の場合、従来通り、徒歩または自転車での単独の来舎は可能です。
    ② 立川市・三鷹市・武蔵野市・西東京市・府中市・調布市・練馬区・杉並区・世田谷区に在住の場合、公共交通機関を用いて、子ども本人単独での来舎は可能です。
    ③ 上記以外の地域にお住まいの方は、保護者の送迎が必要です。
    ④ 個別の学習支援、療育支援、カウンセリングも上記に準じます


    3.中学生・高校生以上の条件

  • 徒歩または自転車、公共交通機関での子ども本人単独の来舎は可能です。

    下記のPDFをご参照ください。


  • まなびやブレイブ 支援条件の緩和について
2021年10月11日